DSC01411.jpg

2015ドゥエ・ラ・フォンテーヌ「アート・フローラル国際コンクール」

2015年度テーマ「バラと愛」
会期 2015年7月7日〜10日
会場 フランス、ロワール地方 ドゥエ・ラ・フォンテーヌ

  • フランス国際コンクールには「フラワーアートアワード2015 in Tokyo Midtown」(第16回「アート・フローラル国際コンクール」日本代表選会)グランプリ(エールフランス賞,フランス大使館賞)を獲得したgram.の4名が日本代表チームとして参加しました。
  • 日本代表チームメンバー
  • 村瀬将之(MASAYUKI MURASE)
  • 原 健吾(KENGO HARA)
  • 久保田 広樹(HIROKI KUBOTA)
  • 杉山 雄右(YUSUKE SUGIYAMA)

オランダが2年ぶりのグランプリ受賞。日本は4位を獲得。

2015年度のフランス「アート・フローラル国際コンクール」は、ロワール地方ドゥエ・ラ・フォンテーヌにおいて7月7日~10日の4日間開催されました。
国際コンクールには、オランダ、イタリア(2チーム参加)、日本、スペイン、ベルギー(2チーム参加)、ラトビアより8組の選抜チームが出場。日本からは2015年4月東京ミッドタウンにおいて開催された「フラワーアートアワード2015in Tokyo Midtown」(第16回「アート・フローラル国際コンクール」日本代表選会)において見事グランプリ(エールフランス賞、フランス大使館賞)を獲得したgram.の4名が日本代表として参加しました。
27年の歴史を持つ本コンクールは、花をバラのみ1000本使用(葉物、構造は自由)し、高さ7m、奥行き4m、幅6mの広い空間を活かすスケール感のあるフラワーアートを制作、フラワーデザインの技術に加え構造の構築、照明、演出など幅広い技術要素を駆使することが求められます。2015年のテーマは“バラと愛”。フランスの著名フローリスト クリスチャン・トルチュ氏が審査委員長を務め、フローラルアートの専門家や文化人など15名の審査委員によって審査が行われ、オランダ代表がグランプリ受賞、日本代表は4位を獲得しました。

   1位:オランダ
   2位:ベルギー(リェージュ)
   3位:ラトビア
   4位:日本
   5位:イタリア(ベネチア)
   6位:スペイン
   7位:ベルギー(ブリュッセル)
   8位:イタリア

4位、日本.jpg
4位 日本

1位、オランダ1.jpg

1位 オランダ

2位、ベルギー(リエージュ).jpg

2位 ベルギー(リェージュ)

3位、ラトビア.jpg

3位 ラトビア

5位、イタリア(ベネチア).jpg

5位イタリア(ベネチア)

6位、スペイン.jpg

6位スペイン

006Germany.jpg6位ドイツ

7位ベルギー(ブリュッセル)

8位、イタリア.jpg

8位イタリア

日本チームの記録

日本チームの新聞の取り扱いと制作風景です。

img004a.jpg

img003a.jpg

img005a.jpg

img006a.jpg

aDSC_0014.jpgajapon.jpgaDSC_0450.jpgaDSC_2677.jpg
03japon (14).jpga_IGP4040.jpga_IGP4041.jpgaDSC_0817.jpg
aDSC_0370.jpgaDSC_0465.jpgaDSC_0825.jpgaDSC_0822.jpg
aDSC_0823.jpgaDSC_0829.jpgaDSC_0867.jpgaDSC_0871.jpg
aDSC_0913.jpgaDSC_0943.jpgaDSC_0945.jpgaDSC_0969.jpg